• TOP
  • >
  • メールマガジン

メールマガジン(無料)

「面白いストーリーの作り方」

 今井昭彦(pikozo)がお届けする物語創作支援メールマガジン。小説、漫画、ドラマのシナリオそしてセールスレターまで。あなたのストーリー力をレベルアップします。最新ニュースや特別キャンペーンなどお得情報も続々と!

 
ぴこ山ぴこ蔵の「面白いストーリーの作り方」
2020.2.17号
 

なぜ書くか? なぜ書けないか?

 
■物語創作者を鼓舞する「授業」の全貌
 
こんにちは、あらすじドットコムのぴこ山ぴこ蔵です。
 
プロ・アマ・編集者・番組の制作会社の方など、多くの来場者でSold Outとなった山川健一&ぴこ山ぴこ蔵のコラボ・スクーリング。
 
去る1月25日に行われた第1回講座の授業を動画で発売します。(PCでもスマホでもご覧になれます)
 
山川健一、ぴこ山ぴこ蔵、両講師の白熱した講義と、参加者からの問いに答えていく質問タイム。
 
「なぜ書くのか? なぜ書けないのか?」
その解答がここに!
 
※なお、この動画には以下の4大特典が付いてきます。
 
(1)講義資料『現代小説のための設計図』山川健一
(2)ぴこ蔵ラジオ『どんでん返しの作り方~嘘の上・中・下策』
(3)音声解説『どんでん返しを連れてくる3匹のモンスター』
(4)ぴこ山ぴこ蔵によるオンライン無料相談
 
※※しかも、今なら発売記念キャンペーン特価!
 
詳細はこちらから御覧ください。
 ↓
●動画講座「人生が変わる物語創作セミナー・ぴこ蔵ライブ講座 ft.山川健一」
 
 
■創作講座:前後関係と因果関係
 
ブンコ「あのさー、ぴこ蔵師匠。『パルプ・フィクション』って映画見たんだけどさ、えらく面白かったのよ」
 
ぴこ蔵「タランティーノ監督の名作じゃな。そりゃ面白いわい」
 
ブンコ「あれってさ、時系列っていうの? 時間のつながりがめちゃくちゃじゃん」
 
ぴこ蔵「確かに、物語の前後関係が入り乱れておるな」
 
ブンコ「だから最初はワケが分かんなかったんだけど」
 
ぴこ蔵「ところが、だんだん全体が見えて辻褄が合ってきたら徐々に面白くなってきたんじゃろ?」
 
ブンコ「『ああ、これってこういうことだったのか!』っていうさ、謎解きっていうか、真相っていうか……」
 
ぴこ蔵「エピソードの因果関係がはっきりしてくると、目が離せなくなるんじゃよあの映画は」
 
ブンコ「それってどういう技なのさ?」
 
ぴこ蔵「簡単に言うと、因果関係を隠すために前後関係を入れ替えたわけじゃな」
 
ブンコ「なにそれ? ヤバそう。違法行為?」
 
ぴこ蔵「物語に違法も合法もあるか! あれこそがタランティーノ監督の真骨頂じゃろがい!」
 
ブンコ「大体その前後とか因果とかいう関係の違いがよく分からないんだけど」
 
ぴこ蔵「よいか、そもそも、ある出来事が始まってから終わるまでの顛末を語った話は『前後関係』と『因果関係』という2つの構造を持っておる」
 
ブンコ「じゃあ、前後関係っていうのはどんな関係?」
 
ぴこ蔵「出来事を起こった順に並べたものじゃ」
 
ブンコ「因果関係は?」
 
ぴこ蔵「出来事の原因と結果を結んで並べたものじゃ」
 
ブンコ「もっと具体的に言ってよー!」
 
ぴこ蔵「例えば、『新聞のニュース記事』は「前後関係」を述べたもので『物語のプロット』は「因果関係」を語ったものじゃよ」
 
ブンコ「そしたらまずは『前後関係』の方から教えて」
 
ぴこ蔵「前後関係を書くのなら、時間の経過による出来事の進行をストレートに記録すればいい」
 
ブンコ「ん? 分かるような分からないような……」
 
ぴこ蔵「要するに『それからどうするの?』『結局どうなるの?』と、現在から未来に向かって展開や結果を聞いていくと前後関係が明らかになるのじゃ」
 
ブンコ「それで新聞のニュース記事なのかー。じゃあさ、何か実例を挙げてみてよ」
 
ぴこ蔵「まあ、こんな感じじゃな。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
●暴漢が押す大八車が鬼ヶ島市街を走行。無人の倉庫に突っ込みましたが、ケガ人はいませんでした。
 
 13日午後4時半ごろ、ニンゲンと見られる暴漢が動物とともに島に上陸。盗んだ大八車を住宅の壁などに次々と衝突させながら、およそ80メートル暴走して倉庫に突っ込みました。
 
 その後、暴漢と動物たちは倉庫に置いてあった資源ゴミの入った袋などを持って逃げましたがケガ人はいませんでした。
 
●市によりますと、大八車の管理は赤鬼交通に委託していて、男性管理人(71)が自動販売機で飲み物を買うため停車していたところ、突然現れた暴漢たちが押して走り出したということです。
 
 現場は緩やかな下り坂のカーブになっていて、男性管理人(71)は「サイドブレーキの引きが甘かった」と話しているということです。
 
大八車が衝突した倉庫の隣の住人:
「びっくりして怖かった。怪我人が出なかったのは幸いだけど、鉢巻をしたニンゲンの子の欲深そうな顔が夢に出そう」
 
 市は「大八車を停めた際は、車輪に輪止めを付けるよう徹底します」とコメントしています。
 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑」
 
ブンコ「出たよこれ、またいつもの桃太郎じゃないか!」
 
ぴこ蔵「日本を代表するおとぎ話だけあって説明に使いやすいんじゃ」
 
ブンコ「しかしアホだなー、この桃太郎」
 
ぴこ蔵「記者が取材して判った事実を時系列に沿って記すとまさにこうなる」
 
ブンコ「前半は桃太郎の行為がメインで、後半は目撃者たちの証言なんだね」
 
ぴこ蔵「これぞ『前後関係』を書いたものじゃ」
 
ブンコ「しかしまた桃太郎はなんでこんなことをしちゃったの?」
 
ぴこ蔵「よくぞ聞いてくれた。実はその『どうしてそんなことしたの?』『なぜそうなったの?』と過去にさかのぼって動機や原因を聞くと見えてくるのが因果関係なのじゃ。因果関係についてはまた次回説明しよう!」
 
<続く>
 
 
◆最後までお読みいただきありがとうございます◆
 
お問い合わせメールアドレス
info@arasuji.com
 
編集:ぴこ山ぴこ蔵
発行:あらすじドットコム
https://www.arasuji.com/
 

PIKOZO MAIL MAGAZINE

ぴこ蔵がお届けする物語創作支援メルマガ(無料)。あなたのストーリー力をレベルアップします。最新ニュースや特別キャンペーンなどお届けします!
 

SAITO MAGAZINE

ショートショートの達人サイトーさんが創作法について優しく分かりやすく解説しています。月1回配信。無料です。