権兵衛と荒野のおろち ChatGPT版

★ぴこ山ぴこ蔵です。私が構想した物語のアイデアを使って、ChatGPT(GPT-4)にあらすじを創作してもらいました。

使用したのは『モノノ怪がちゃりん』という無償のオンライン物語創作支援ツールです。6万通り以上のあらすじ入りプロンプトを生み出しますが、今回は以下のパターンを使用しました。

────────────

あなたはプロのstorytellerです。
次の構想の結末を決め、起承転結に分かれた独創的なあらすじを作ってください。
▼幕末も近い頃、江戸の町に現れた気弱な浪人・酔いどれ権兵衛は、取られた家族の愛の奪回を頼まれ、魔物が棲むと言われる荒れ野の廃墟に潜入する。だが、待っていたのは最悪のもののけ・おろち。友に裏切られながらも、必死に入手した神器の霊力で邪まな者どもを滅ぼして、盗られた物の奪還に成功できるのか?

────────────

★上記のあらすじ入りプロンプトをコピペしてChatGPTに入力しました。

ChatGPTからの回答は以下の通り。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

## ChatGPT ##

【起】

 幕末の江戸、その賑やかな町に気弱な浪人・酔いどれ権兵衛が現れる。

 彼はかつての友人から、家族の愛を奪われたという悲痛な依頼を受ける。

 その家族の愛とは、神聖な力を持つと言われる家宝のことだった。それは魔物が棲むと言われる荒れ野の廃墟に隠されているという。

【承】

 権兵衛は友人の頼みを受け、荒れ野の廃墟に向かう。

 しかし、その道中で彼は友人から裏切られ、危うく命を落とすところだった。

 しかし、彼は必死に抵抗し、神器を手に入れる。その神器は、邪悪な者を滅ぼす力を持つと言われていた。

【転】
 権兵衛が廃墟に到着すると、そこには最悪のもののけ・おろちが待ち受けていた。

 おろちは強大な力を持つ魔物で、一度でも目を合わせれば誰もが命を落とすと言われていた。

 しかし、権兵衛は神器の力を信じ、おろちに立ち向かう。

【結】
 激しい戦闘の末、権兵衛はおろちを倒すことに成功する。

 しかし、その戦闘で彼は深い傷を負い、力尽きてしまう。

 しかし、その時、神器が輝き、彼の傷は癒され、家宝も無事に手に入れることができた。

 権兵衛は家宝を友人に返し、その家族の愛を取り戻すことができた。

 しかし、彼はその友人を許すことはできず、再び旅に出ることを決意する。

 その背中を見送る友人と家族。そして、再び旅立つ権兵衛の姿が、幕末の江戸の町に残される。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★ぴこ蔵です。なんだか構想をなぞるだけの展開で、結末も面白くなかったので、どんでん返しを入れるように要請してみました。

## ぴこ蔵 ##

意外などんでん返しを入れてください。

【承】の終わり、つまり【転】の直前の部分に、意外などんでん返しを入れてみてください。

## ChatGPT ##

【起】
幕末の江戸、その賑やかな町に気弱な浪人・酔いどれ権兵衛が現れる。彼はかつての友人から、家族の愛を奪われたという悲痛な依頼を受ける。その家族の愛とは、神聖な力を持つと言われる家宝のことだった。それは魔物が棲むと言われる荒れ野の廃墟に隠されているという。

【承】
権兵衛は友人の頼みを受け、荒れ野の廃墟に向かう。しかし、その道中で彼は友人から裏切られ、危うく命を落とすところだった。しかし、彼は必死に抵抗し、神器を手に入れる。その神器は、邪悪な者を滅ぼす力を持つと言われていた。だが、神器を手に入れた瞬間、その神器が権兵衛に語りかける。「お前の友人は、お前を裏切ったのではない。彼はお前を試すために、わざと危険な道を選んだのだ。そして、お前が本当に家族の愛を取り戻すことができるかを見たかった。」と。

【転】
権兵衛は驚き、神器の言葉を信じられずにいたが、その言葉を信じて廃墟に向かう。そこには最悪のもののけ・おろちが待ち受けていた。おろちは強大な力を持つ魔物で、一度でも目を合わせれば誰もが命を落とすと言われていた。しかし、権兵衛は神器の力を信じ、おろちに立ち向かう。

【結】
激しい戦闘の末、権兵衛はおろちを倒すことに成功する。その戦闘で彼は深い傷を負い、力尽きてしまう。しかし、その時、神器が輝き、彼の傷は癒され、家宝も無事に手に入れることができた。権兵衛は家宝を友人に返し、その家族の愛を取り戻すことができた。そして、友人との絆も新たに深まった。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★なんだかパッとしない、ヌルいどんでん返しになりました。「友人が裏切った」という衝撃が欲しいのに、「悪気はなかった」と開き直られても困ります。そこで、こちらで考えた結末を書いてくれるように腰を低くしてお願いしました。

## ぴこ蔵 ##

ごめんね、友人は権兵衛を試すために、わざと危険な道を選んだのではないのです。友人は権兵衛を生贄に差し出すと決めて、確信犯的にそれを実行したのです。

しかし、権兵衛はそれを赦すことにしました。

なぜなら彼は、友人の冷酷な裏切りは、家族の命を救いたいがために友人が苦しんだあげくの決断だということを理解したからです。

しかも自らを犠牲にしてでも友人の家族を救いたかった理由がありました。

実は権兵衛は、昔、友人を裏切ったことがあり、その償いをしようとしたのです。

これを取り入れて、最後の書き直しをしてください。

## ChatGPT ##

【起】
幕末の江戸、その賑やかな町に気弱な浪人・酔いどれ権兵衛が現れる。彼はかつての友人から、家族の愛を奪われたという悲痛な依頼を受ける。その家族の愛とは、神聖な力を持つと言われる家宝のことだった。それは魔物が棲むと言われる荒れ野の廃墟に隠されているという。

【承】
権兵衛は友人の頼みを受け、荒れ野の廃墟に向かう。しかし、その道中で彼は友人から裏切られ、危うく命を落とすところだった。しかし、彼は必死に抵抗し、神器を手に入れる。その神器は、邪悪な者を滅ぼす力を持つと言われていた。

【転】
権兵衛が廃墟に到着すると、そこには最悪のもののけ・おろちが待ち受けていた。おろちは強大な力を持つ魔物で、一度でも目を合わせれば誰もが命を落とすと言われていた。しかし、権兵衛は神器の力を信じ、おろちに立ち向かう。その時、神器が権兵衛に語りかける。「お前の友人は、お前を裏切った。彼はお前を生贄に差し出すと決めて、確信犯的にそれを実行したのだ。」

【結】
激しい戦闘の末、権兵衛はおろちを倒すことに成功する。その戦闘で彼は深い傷を負い、力尽きてしまう。しかし、その時、神器が輝き、彼の傷は癒され、家宝も無事に手に入れることができた。権兵衛は家宝を友人に返し、その家族の愛を取り戻すことができた。そして、友人が自分を生贄に差し出したことを知り、その理由が家族を救うためだったことを理解した権兵衛は、友人を赦すことを選んだ。権兵衛は、昔、友人を裏切ったことがあり、その償いをしようとしたのだ。彼は自らを犠牲にしてでも友人の家族を救いたかったのだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★私は基本的にChatGPTが好きで、有料サービスにも加入しています。

しかし、物語制作に限っては、これ以上を望むのはどうも無理そうな感触があったので、泥試合になる前に切り上げました。

正直、この後、BingChatAIに作ってもらったストーリーのほうが断然面白かったのであります。

もしかすると何かのプラグインを駆使するとうまくいくのかもしれません。まだ私にはChatGPTの可能性を掴みきれていないようです。

今後に期待しております。

そんなわけで、物語創作支援ツール『モノノ怪がちゃりん』をお楽しみください。

完全無料です。

↓クリックでジャンプします↓

 

 

 

※無料の物語創作ツール他にもあります

他のツールも使ってみたい方は、
ぴこ蔵メルマガ 面白いストーリーの作り方(無料)
にお申し込みください。

メルマガにご登録いただくと最新情報を自動返信で即時お届けします。